マンスリーマンションン
クレステージの特徴
管理・PMの組織図
株式会社クレステージ,会社概要
ストーブのトラブル
結露について
個人情報の保護指針

★毎年!札幌市内では<水道の凍結事故>が多発しております!

  冷え込みの厳しいと思われる日の前日、又は家を空ける場合は必ず水道の≪水落とし≫を行ってください。なお、≪水落としの≫方法については、≪水道のバルブ≫の数・種類によって異なります。以下は代表的な例ですが、以下の例にないお部屋の場合やわからない場合は必ず弊社までご連絡ください。
 
★<水道のバルブ>が室内にあり<止水栓>が一箇所のみの場合!
※物件によりトイレもしくは玄関の小扉の中にある場合があります
   
↓以下の順番にて行ってください。
≪止水栓(給水栓)≫を最後まで閉める。
(レバー式の場合はレバーを配管に対して縦にひねる。物件により配管に対して水平にひねる場合もあります)
室内の水抜きをする。(瞬間湯沸器は除く)
  トイレのタンクの水を流し、便器とタンクに不凍液を入れる。
  浴室の水とお湯の蛇口を全開にして、シャワーホースを浴槽の床に置く。
  (蛇口に水抜栓がある場合は、必ず水抜栓も開ける)
  キッチンの水とお湯を全開にする。 (蛇口に水抜栓がある場合は、必ず水抜栓も開ける)
  洗面化粧台の水とお湯を全開にする。
  (洗面化粧台がある場合のみ。蛇口に水抜栓がある場合は、必ず水抜栓も開ける)
  洗濯用蛇口の水とお湯を全開にする。 (給水ホースを必ず抜いてから蛇口を開けること)
瞬間湯沸器の水抜きをする。(湯沸器本体に方法が記載されております)
配管に残った水が出終わった後、全ての蛇口・水抜き栓を閉める。
(瞬間湯沸器の水抜栓は特に注意して閉まっているか確認してください)
 
<水道のバルブ>がパイプスペースにあり<止水栓>が一箇所のみの場合!
※パイプスペースは各階の廊下の鉄扉の中にあります。
※バルブに号室表示の札がかかっておりますので、必ずご自身のお部屋のバルブを操作してください。
   
↓以下の順番にて行ってください。
≪止水栓(給水栓)≫を最後まで閉める。(青いバルブのみ)
室内の水抜きをする。(瞬間湯沸器は除く)
 トイレのタンクの水を流し、便器とタンクに不凍液を入れる。
 浴室の水とお湯の蛇口を全開にして、シャワーホースを浴槽の床に置く。
  (蛇口に水抜栓がある場合は、必ず水抜栓も開ける)
 キッチンの水とお湯を全開にする。(蛇口に水抜栓がある場合は、必ず水抜栓も開ける)
 洗面化粧台の水とお湯を全開にする。
  (洗面化粧台がある場合のみ。蛇口に水抜栓がある場合は、必ず水抜栓も開ける)
 洗濯用蛇口の水とお湯を全開にする。(給水ホースを必ず抜いてから蛇口を開けること)
瞬間湯沸器の水抜きをする。(湯沸器本体に方法が記載されております)
配管に残った水が出終わった後、全ての蛇口・水抜き栓を閉める。
(瞬間湯沸器の水抜栓は特に注意して閉まっているか確認してください)
 
<水道のバルブ>がパイプスペースにあり<止水栓・水抜栓>が2箇所のみの場合!
※パイプスペースは各階の廊下の鉄扉の中にあります。
※バルブに号室表示の札がかかっておりますので、必ずご自身のお部屋のバルブを操作してください。
   
↓以下の順番にて行ってください。
≪止水栓(給水栓)≫を最後まで閉める。
≪水抜栓≫を最後まで開ける。
室内の水抜きをする。(瞬間湯沸器は除く)
 トイレのタンクの水を流し、便器とタンクに不凍液を入れる。
 浴室の水とお湯の蛇口を全開にして、シャワーホースを浴槽の床に置く。
  (蛇口に水抜栓がある場合は、必ず水抜栓も開ける)
 キッチンの水とお湯を全開にする。 (蛇口に水抜栓がある場合は、必ず水抜栓も開ける)
 洗面化粧台の水とお湯を全開にする。
  (洗面化粧台がある場合のみ。蛇口に水抜栓がある場合は、必ず水抜栓も開ける)
 洗濯用蛇口の水とお湯を全開にする。 (給水ホースを必ず抜いてから蛇口を開けること)
瞬間湯沸器の水抜きをする。(湯沸器本体に方法が記載されております)
蛇口に水抜きがついているものは、全て水抜きをする。
配管に残った水が出終わった後、全ての蛇口・水抜き栓を閉める。
(瞬間湯沸器の水抜栓は特に注意して閉まっているか確認してください)
パイプスペースの≪水抜栓≫を最後まで閉める。
 
クレステージのホームページはこちら! クレステージのホームページはこちら! マンスリーマンションのご用命はお電話でも受付中です!
空室物件のお問い合わせ のお問い合せはこちら! クレステージのホームページはこちら!